「高槻あつ整体院」つらい痛みを根本改善&再発予防

 

そもそも筋膜リリースとは何?

373686_s元々はアメリカで筋肉・筋膜に着目した手法から始まったともいわれているものと認識しています。整体でよくされる説明に「鶏肉をさばいた時に、表面の皮のようなものがあるのをみたことがあるでしょう。人間の筋膜は、鶏肉のそれと同じように筋肉を包んでいる膜のことでウェットスーツのように体全体に張り巡らされる全身を覆っている組織です。」と言われることがあります。

コリや痛みが出るときには、筋肉の動きが悪くなったり柔軟性が低がったりして筋膜同士が引っ付くようになり、筋肉自体の動きを邪魔するようにしてすべりが悪くなっている、と言われます。

筋肉がスムーズに動き続けるためには筋膜の滑りの良さが必要になるので、筋膜を柔らかく滑りを良くして解きほぐす「筋膜はがし」や「筋膜リリース」といった言い方のマッサージ的施術を行って解決をはかる、という技術です。ですが、本来人間の筋膜がとても硬くて皮膚表面から触ってもそんなに簡単に動かすことができない、という主張もあります。

長い時間をかけて確立されたそれら筋膜への施術と、現在日本の整体や整骨院で行われる見よう見まねに近いモノとは、大きくレベルやモノ自体が違うということは間違いないでしょう。また、それに近いものとして、医学的にも認識されているトリガーポイント療法という有効な手技療法があるのですが、それを簡単にしたモノがちまたの整骨・整体には拡がっています。

 

筋膜リリースは効かないの?

373686_s
では、その巷の整骨院や整体院で行われているレベルの筋膜調整や筋膜リリース、トリガーポイント療法と名乗っている施術には効果がないの?と言われると、全てそうとも言えないと思います。

人の体を変えるレベルの手技には知識や鍛錬の大変さを要すると考えると、残念ながら単なる整体の技術勉強会に数回通っただけで、誰でもそんなに簡単に理解できて実践できるようなものでもありません。
大切な解剖分野を細かく把握し、神経支配や皮膚レベルの解剖学的知見を正しく必要とする繊細で奥が深いもので、一朝一夕に施術に生かせるモノではなく、ごく一部の熟達者が行う技術以外の多くは、”なんちゃって手技”になっていることがほとんど、とも言われています。ですので半分は当たっているかもしれません。

でも、もしあなたの近所にいるほとんどの施術者がそうしたレベルにない事実があったとしても、単なる腰痛や肩こりに対して、”筋膜療法!”や”トリガーポイントマッサージ!”と謳うものでも効果をそこそこ感じることがあることにも間違いはありません。

にわか施術者が、”筋膜リリース””トリガーポイント”と思い込んで行っていて、実はそれが単なる筋肉へのマッサージだった。

もしそうであったとしても「腰痛がよくなりました!ありがとうございます!」といった声を聞くことも実際あります。ですので、悩んで来院した顧客のカラダを壊したりしていないのであれば、それはそれで、お悩み解決で結果オーライかもしれません。
( 昔は私もたまにそれらのマッサージを受けに行くことがありましたが、結構リラックスできて気持ちがよかったと思います。 )

それよりも大きな問題になるのは、そのマッサージで全ての体の異常が解決できるわけではないにも関わらず、そのにわか技術で”なんでも治してみせます”と謳って、藁をもつかむ思いで来院された”難しい状態”の方に対して、説明もせずに安易に手をだすこと自体に問題があるのだと思います。

良くしていく自信がない場合は、それをきちんと説明するか、もしくは出来る人がいる場合はその人に代わってもらうといった方法で、お客さんのカラダを壊さないようにすることが最低限のルールになるかと思います。やはり”お客さんの体でギャンブル療法”を試すのはいただけません。

良く精査してから自分の体を触る人を決めて施術を受けたいものです。

筋膜療法で治らないものが多いのはなぜ?

103311_s
結論からいうと、筋膜療法が悪いのではなく、施術の際にその人の異常の原因を正しく理解できずに何でもかんでも筋膜筋膜と同じことをやってしまっていては良くなるわけがないからです。それにストレッチを加えてところで変わらないでしょう。

カラダに対して解剖学的なところからの理論ではなく、テクニックだけ(●●療法、●●施術)を謳っている場合などは気をつけなければいけないかもしれません。

例えば、真性の椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症や腰椎すべり症、変形性の関節症といった、長期間でつくられたある種の器質的変性の(簡単に言うと、長年でぶっ壊れてしまっている)カラダの状態の方は、整形外科に行かれたあとで、代替療法である整体や整骨院を利用される方がほとんど。

そうした人達に対して、「歪んでいるから矯正しましょう」「筋肉・筋膜が硬いからマッサージしましょう」といってみたり、ストレッチや筋トレだけをしたところで、何も意味をなしません。なぜなら個体差をみて正しく専門的に身体の評価をしていないからです。ひどい例では、何もせずにマニュアル通りに「まずは、とりあえず10回来てください。」と言ったりする整骨、整体も多くあります。

もしそれでヘルニアや脊柱管狭窄症の痛みや悩みが解決したという人がいたのなら、おそらくですが、本当のヘルニアや狭窄症や変形などで異常がでていたのではなく、単なる筋肉のトラブルやボタンの掛け違えのような簡単な例だったのかもしれません。

体の評価(正しく動けていない状態を様々な角度から分析する)をするにも、その評価をする技術のレベルを問われますし、本当にその人の体の状態を知ろうと思えば、施術よりも検査の方に時間がかかる場合も多く出くわすものです。

では、どうしてそうした整体や整骨は顧客のことを考えるふりをして、実際は正しいことを行わないことが多いのか?

それは、経営的にそれでは割に合わないから、かもしれません。

どうしてもチェーン店整体の多くは、未熟な施術者を多く雇わなければいけません。広告をバンバンかけてお客を集め、健康保険を使ったり、そこから3000円4000円程度に価格を安くして自費の施術を受けてもらうビジネスモデルです。施術の際には、未熟な施術者でも簡単にできて、さらにインパクトのあることをしていかないとコンビニエンス整体としては成り立たなくなる、とチェーン整体の経営者の方は話をされていました。

もちろんそれらがチェーン店整体(●●整体の○○院など)の全てではありません。努力を重ねているチェーン店整体も全国を探すといくつかありますし、単に経営者や施術者自身の問題かもしれません。

さいごに

私は、以前まで長く自分がアスリートであったために、バキバキとずいぶん体を壊されるような施術を受けてきたり、反対に良いモノに出会ってお世話になったりもしてきました。
反対に施術者としては、その方の体を評価することが習慣になっていますので、体を見立てる事の大事さを非常に感じています。

自分に身についてきた能力で最も大切だと感じているのは、自分が人間の技として出来る事と出来ない事が判別できる、そして見極める能力が他人よりも鋭く身についているのではないかな、と自己分析しています。自分が開いている技術セミナーでも、その大切さについて特にお伝えするようにしています。

全国を探すと、高いレベルで効果的なテクニックを使う施術者も活躍しています。どうしてもそうした人から受けてみたいのなら、遠くの地域であっても探しあてていってみても良いかとは思います。反対に、あなたの町にそうした専門の筋膜整体がありそうであれば、一度行ってみるのもよいかかもしれません。
2018-03-25 00.10.41

高槻市で根本改善したいなら「高槻あつ整体院」 PAGETOP