「高槻あつ整体院」つらい痛みを根本改善&再発予防

そもそも長年の肩こりって整体だけで治るの?

BE80877C-1FCA-4B10-B578-7A90A892E9FB

「肩こりを治す!」と謳う整体院や整骨院

町中にあふれている整体や整骨院の「肩こり」の看板。あなたも見かけたことがあるかと思います。私も町に出れば日々そうした看板を見かけますし、スマホで探してみても、ネット上には整体や整骨の「肩こりを改善します!」の広告がたくさんあります。

あなたが見かける看板、広告の中には、整体の看板もあればリラクゼーションマッサージやエステが掲げる肩こり看板もあるでしょう。これだけ多くなると、もう何がなんだか区別がつきません。

マッサージ専門店の「肩こりにマッサージで心地よくなりませんか?」という看板は、マッサージによるリラクゼーション目的というそのままの意味で問題はないのですが、「肩こりをなおしますよ」と整体や整骨院が掲げる”肩こり良くしますよ看板”というのは本当なのでしょうか?

筋膜リリースやトリガーポイントと謳ってはいますが…、多くの人が感想で話しているように「実際に通院して受けてみると工夫はしてくれるし、ストレッチ?も教えてくれる。まあその時は楽になるけど、結局単なるマッサージの延長やん…。」となっていることがほとんどのようです。もし結局そうなのだとすると、もうほとんどの整体院や整骨院はリラクゼーション屋さんということになるのかもしれません。

4886959_s

顧客に肩こりの原因を伝えるのに、一番わかっていない施術者

「実は肩こりはこうなっているから起こるんです!」と来院したあなたへ説明している整体や整骨の先生がたくさんいます。YouTubeでも説明している整骨院や整体師がたくさんいます。それが一般論や個人的な意見だったとしても、とても丁寧でそれ自体は良いことだと思って見ています。

でも、実際整骨院や整体に行った際、いざ施術に入るとやっていることは本末転倒。良い説明したと思ったら、さっそくセミナーでならった「○○式施術法」といった筋膜リリースやマッサージ「骨盤矯正ゆがみ矯正法」、ひどい場合は「ボキボキ施術」。「結局それをするんかい!」といったことを繰り返しています。

もしかしたら、それだけで根本的に解決した例があるのを私が知らないだけかもしれませんが、確かなことは、そんな整体や整骨院での施術の例がゴロゴロと転がっているということです。
1267948_m

結局のところ、ホントに整体や整骨の施術でよくなるの?

個人的見解の結論を言うと、条件付きで良くなることもあります。

それは、一過性のものや、原因が明確で短期的なコリやダルさの場合は、単に整骨院や整体で筋肉へのマッサージを受けて解決していくことも普通にあります。

ただ、それ以外の多くの例では、整体や整骨院の技術を受け続けたり、YouTubeで「肩こり体操を1日3分!」といった動画を毎日やったところで変わらないでしょう。”いっとき楽にはなった”と感想が述べられていても、かなりの割合で依然と変わらずの状態に戻ってしまっていて、結局は良くなっていない結果ばかりが目につきます。または、良くならないので「ずっとマッサージを受けに来てください。」と言われるか…です。

 

ではどうでしたらいいの?

肩こりにも多くの原因があります。

まず、活発に動き回る子どもの肩こり人口は多いでしょうか。たまに見かけますが、知る限りではその子独自の環境や事情、身体的特徴などがあったりする場合がほとんどで、数は少ないです。

では、なぜ大人になってくると肩こりが多くなってくるのでしょうか?それは大人になってきて生活で何かが積み重なり、その人なりの良くない状態が顕在化してくるからです。当たり前ですよね。
1231824_s
ではどのようにしていけば一番良いのか。

まずは2つのことからです。1)元々の肩こりの原因を探ってみること。2)見つけ当てた原因になるソレを上手く対処していくこと。そこからどうしていけばいいかを考えて、施術と共にあなたに合った解決方法を実行していくことで良くなる方向へ進むことができます。

良くない状態になった年月を思い返して、ここから時間をかけて自分で上手く体を動かすことが出来るカラダに戻していくことが大切です。これでおよそ解消の方向に向かいます。いっときの楽になった状態ではありませんよ。解消へ向かうことを目的にするなら、それしかありません。

人によって処方が変わるので具体的な方法論を説明することは不可能です。施術と共に行うその方法は人それぞれで、その人の体をきちんと評価していくことで決まってきます。YouTubeやテレビや雑誌で「一発解消できる!」と紹介されていたことをそのままやって「解消しないじゃん…」といったところで、それは当たり前です。なぜなら、人の体と環境は千差万別で長い年月を経て作られていくものなのですから。

引っ込み思案でストレスと共に長年猫背で過ごしてきた内向的なデスクワーカーの人が発症した肩コリと、趣味は体操やテニスといったアクティブな人が感じ始めた肩コリの意味は違うのです。

もし、本当にその人なりの原因を分析して見つけることが出来れば、あなたに当てはまるベストな方法を適用していくことで、あなた自身だけででも肩こりを解消していける可能性がどんどんどんどんと拡がっていきます。

そもそも、原因がなくならないのに第三者(施術者)が消し去ることが出来るものなのかどうかを考えなければいけません。

以前、このことを技術セミナーでお話ししたら、受講生の先生から「先生は肩こりもみれないのですか?」と冗談まじりに言われたことがあります。

私は「あなたはあるんですか?」と聞きましたが、その先生は「ある」と仰いました。

私「何をされるんですか?」

受講された先生「結構得意な筋膜リリース、○○式トリガーストレッチなどです。」

私「その方々治ったんですか?」

受講された先生「他よりも楽になったと言われて、毎回喜んで帰っていかれます。」

私「その人は今も来られているんですか?」

受講された先生「はい、もう2年間も、頼ってもらって来られています!」

私「それ、なおってないんじゃないですか?(笑)リラクゼーションと何が違うんです?」

一同、和やかに笑い飛ばしてその時のセミナーは終わりました。23111388_s

これは一例ですが、何をもって”良くなっているのか”という定義も必要です。結局、良くなるというのが、その時に楽になることを指すのか、肩こりが無くなって解決できた状態や状況のことを指すのかは、そのご本人と施術者のゴール設定次第です。

少なくともお金を払って整体に来る方は、症状で悩みたくない状態に戻りたいから来院されているのだと思います。ぜひ、良くするための正しい道へ向かっていただきたいと思うばかりです。

高槻市で根本改善したいなら「高槻あつ整体院」 PAGETOP