「高槻あつ整体院」つらい痛みを根本改善&再発予防

膝痛

膝の痛み

 

当院ではコロナウイルス対策に
取組んでおります。

安心してご来院下さい。

・使用後のベッド、ハンガー、待合イス、受付台等の触れる箇所へのアルコール噴霧を実施。
・ フェイスペーパーは、お客様ごとに使い捨てのものを使用。
・ スタッフは、毎回の施術前後には手洗いと手指消毒を徹底。
・ 定期的に出入口からの院内換気を実施。
・ 加湿・空気清浄機を院内に設置。

 

bnr-D-2

 

こんなお悩み
\ございませんか?/

  • 何年も前から歩くと膝が痛くなってくる。
  • これまでも膝に水がたまったことがあり、いまも歩くと痛む。
  • 階段の上り下りがツライ。今は一段ずつでしかムリだ。
  • いつも注射をするだけで、結局良くなっていない。
  • 「軟骨がすり減ってきている」と病院で言われてきただけで、そのままだ。
  • 電気や筋膜マッサージやハリ。色々整体を回ったけど結局一緒。
  • ここ最近、友達や家族と出かけるのを遠慮し始めている…。
  • 走れないまでも、今よりも歩きやすくなりたい。
  • この膝のせいで、自分の力で歩けなくなるのは絶対に嫌だ。
  • 歩けなくなるのは嫌だけど、周りをみてると手術だけはイヤだ。

↓

そのお悩み
当院にお任せ下さい!

 

 

多くのお客様から
お喜びの声
\頂いています!/

 

「長年の膝の痛みが、急に悪化していましたが…」

Q・しっかり期間っをとっているプログラムですが、今回どういうお悩みできていただいていましたか?
A・左の膝が急に痛くなって、歩けないという状態になってしまいました。

Q・膝の痛みは昔からですか?
A・若い頃にはバスケットボールをやっていたので、そのあたりから痛めていました。

Q・これまではどういった対策をしてこられましたか?
A・いろんな整体・整骨にいって、それこそ骨をボキボキと、いろんなことをしてきました。その時は調子よくなった気分になってもまた痛くなる。

Q・歩けない状態で、階段も上り下りできませんしたが、どうなっていきましたか?
A・それはもう階段なんてとんでもない。初めの頃でいうと、階段は一段一段おりていたのですが、それが下りは相変わらずいたかったですが、登りは交互に一歩ずつ登れるようになっていきました。これが初めです。

Q・施術を受けて持っていましたが、その後でこれこれは絶対にやってくださいね、とお伝えして事がたくさんありましたが。
A・施術のあとは、1日3回歩こうと。だいたい1回60分は必ず。

Q・食事もお願いしたように変えてもらって。ずっと続けていただきましたが、どうでしたか?
A・食事もそうだし、もう膝にいい影響しかなくって。私は体重が増えると膝に痛みが来ていたので、その都度落としていたんですが、年齢からかなかなか落ちなくなってしまっていて。食事をやると面白いように落ちてきて。

Q・はじめ上り下りは厳しかったですが、いまはどうですか?
A・何も感じないというと嘘になりますが、違和感取れない部分はありますが、痛いとかいうのはないので。それならいけるなと。辛かった階段の下りをこないだ一度50段ほど試してみたんです。そうすると平気だったのでうれしかったです。

Q・ご自身で改善していかれたようにしっかりされていましたよね。
A・今までいろんな整体に行っても、その時はなんとなく良くてもまた痛くなるから…。自分で何かしないといけないとは思っていましたので、こちらの案内をみてこれだ!と思いました。良かったです。

Q・変形も入ってますが、これからもまだ先へいけますよ。よろしくお願いいたします。ありがとうございました。
A・こちらこそ、よろしくお願いいたします。
ありがとうございました。

高槻市・Iさん

 効果には個人差があります。

「バドミントンで壊してしまった膝でしたが、今では!」

Q・長くプログラムをしていただいていますが、どういったお悩みで来ていただいていますか?
A・膝の長年の痛みです。メインは。バドミントンを20年以上やっています。ヒザも腰も足も…(笑)

Q・当初、はじめはどんなことが出来ませんでしたか?
A・バドミントンが終わったら、すごく腫れたり水がたまったりしていました。日常生活では正座ができない、階段をスムーズにおりられないとかがありました。

Q・歩ける事、競技をやり続けることへのプログラムを組んでいきましたが、どういうことが出来るようになっていきましたか?
A・えーっと。いまはいろんなことが出来るようになっているんですけど、バドミントンの試合のあとでも不思議とダメージがでなかくなりましたね。言われたプログラムをやっていて。ウォームアップとか、ウォーキングについてとかにハマりました。

Q・階段とかはどうです?正座も。
A・手すりをもって一段ずつだったんですが、いまはトントントンと降りられますよ。正座も初めはお風呂の中で確認しながらだったんですが、今は普通にできます。

Q・これからも相談しながら競技もやっていきましょう。そういえば今日は腰が痛いと仰ってましたが…今は?
A・来るとき引きずりながら来たんですが、先生にみてもらったら不思議と全然。何をしたんですか。何もしてないでしょ?

Q・施術しましたよ。
A・そうでした?(笑)

Q・私だけがどうこうではなくて、いままでやってくださいと伝えたプログラム内容を、しっかりやり続けてもらったからここまでになっているんですよ。今までの頑張りの成果なので不思議でもなんでもない。
A・あきらめしかなったので、意識をつけていただいたのも良かったです。

Q・これからも一緒に頑張っていきましょか。
A・よろしくお願いします。

高槻市・Tさん

※効果には個人差があります

 

 

全国の有名整体院・ 整骨院が当院を絶賛!

 

 

注目!院長は全国の治療家に 技術指導しています

 

 

なぜ?当院の施術は
こんなにも膝の痛みが
改善されるのか?

 

他で良くならない理由

imasia_11899113_M-e1476341104388

膝が痛いと訴えてこられる多くの方が、病院で皆と同じリハビリ運動、マッサージ、薬や注射をしてきている。あるいは、様々な○○療法を使おうとする整骨、整体、鍼灸、カイロといったところへ行きつくしてきた、と話しをされます。

そしてまた、その中でもかなりの方が「その時はなんとなくいいのだけれど、結局何も変わらなかった…」「一旦、改善したようにみせかけて結局はまた同じ…」とも訴えられます。

なぜなのでしょうか?

そうした方々がこれまで受けてきたものに、病院や一般的な整骨院で行われる電気などの機械を使った物理療法があります。電気刺激は痛みの緩和効果が認められて広く使用され続けていますが、結局膝の痛みを起こしている”原因に対して何かをもたらす”べく行われているわけではないことがほとんどです。現に、私が見た多くの方の中でも、膝が痛いからといって膝や周りに電気を当て続けたところで、本当に改善するレベルの膝が良くなっていったという方は多くありません。

温め

温め自体を悪と捉えているのではなく、実際に温めなさいと指示をされた際に、あなたに起こっている膝の状況に対して”温める”ということがどうなのか、説明をうけましたか?血流が悪いから温める?温めると痛みの感覚がマシになるからやった方が良い?その診断はホントですか?

ある方は「筋力をつけないといけませんね」と病院で言われて、そこでのリハビリの際に「とりあえず膝にこれを当てましょう。」と電気と温めをされたと話をされていました。変形性膝関節症でヒザが痛いまま過ごしていくと、最終的にはいろんな要因から熱がこもってしまって組織の変性をおこし、曲がっていくような”変形”を生んでしまいます。
状況によりますが、膝が痛い時に患部を触ると熱を持っていることが肌でわかる場合があります。痛みの多くは炎症症状と捉えることができるということです。そうした際に温めるということは本当に良いことなのかを考えなければいなりません。

リラクゼーションマッサージ

ほぐすと、心地いいしカラダも緩んで良い感じになるだろう、との思いがあるかもしれませんが、その感覚だけで行うのはとても怖いものです。さらに「あなたの膝はここの筋肉、筋膜が悪いからほぐしましょう。」と、とりあえずマッサージを受けることも、これらは実際にあなたの体を評価して導き出された施術でないのであれば、改善するどころか反対の結果を招きます。体は、上手く支えて動けるようにするために、テントのようにバランスを保つべく筋肉が配置されています。異常があるかどうか体を見立ててもいないのに、緩めてはいけない正常な筋肉を緩め、心地よいからという理由だけで、そして筋膜をリリースする施術といって、体を評価もしていかずにとりあえずで緩めてしまっていると、出力が落ちてしまって正しく動けないことにもなりかねません。

シップや痛み止めの注射、ヒアルロン酸注入

本当に在る原因をないがしろにして、とりあえず痛ければ痛いところにシップ、はたまた痛み止めの薬だけに期待をするのは、本当に膝の痛みの改善につながるでしょうか?人工ヒアルロン酸注射もそうです。潤滑油の役割があるのでその時はよいのですが、元々体にはないものですから異物になります。体にとっての異物がうまくなじみ続けたり、スムーズに吸収していくことはありません。なぜその注射を打つのか、なぜ何回この注射を打つのか。そうすることで様子をみるのではなく、膝がどうなっていくからその処置を行うのか。まずは、これら注射を打っていくことで”膝が改善する”のかどうかを医師にしっかりと確認してみなければ、あとで後悔することがあるかもしれません。

手術

これは、あなたの身体の状態や目的によっては必要になることもありえますので、良し悪しをはっきりと記すことはできませんが、多くの方は「できれば元々生まれ持った自分の体を保ちたい。」と話されます。
手術をしなくて、今後どれくらい歩けるようになるのかは、その方の膝や体の状態、そして生活習慣にもよりますので、状態を総合的に判断することになります。
手術で改善するならばと人工膝関節への手術を行うことですべてが治るといったことや、医師であっても痛みやしびれといった後遺症など何もなく日常生活での全ては解決する「大丈夫だ」と断言できるということはありません。若いころの新品の膝にもどるということではないからです。

よくある万人向けのストレッチや筋トレ

・このストレッチを毎日行えば良くなると本に書いてあった。
・スマホで動画をみて、膝に効くというストレッチをやっている。
といったことを聞きます。

これらは万人に向けられたものではありませんか?それがあなたの膝の状態に合わせて、あなたに向けられたものであれば効果を狙って試しにやってみるのも結構です。それがあなたの膝や体を評価(見立てを)した上でのものであれば有効なことはあります。ですが、もしそうでないばあい、医学的見地からの見解ではない場合など、何となくの自己判断なのであれば、あなたの膝を壊してしまうようなメニューや方法になってしまう場合も多くあります。

筋トレ

これは誤解が生まれないようにしないといけません。確かに動くためには筋肉は必要です。ですが、膝の痛い人のすべてに筋トレが必要かというとそういうことはありません。現に、医師に「太ももの筋肉をつけましょう」といわれた方の大腿四頭筋力の測定をしても、優位な落ちを示さないことは多くあります。そして、何年も毎日30分の筋トレをやっても膝の不調が全く変わらない方は大勢おられます。
実際には、日常生活、そして生活を豊かにするための運動をすることができる筋肉、筋力を保っていれば問題ありません。反対にその部分と違う要素である本当にみるべき点に目を向けないと、一向に改善していきません。

 

 

症状についての説明

imasia_4216932_M-e1476340959788

変形性膝関節症

普段から、街中で脚がバナナのように曲がった状態で歩いている壮年期以降の方々を見かけることがあります。見た目で曲がっていたり、整形外科で「軟骨がすり減ってきています」「変形性膝関節症です」といわれたりしている人にもよく出会います。

人間は常に重力下で生きていますので、生活をしていると必ず関節も消耗、摩耗していきます。体を支える大切な役割を持っている関節ですが、膝は体重や動作を支えるジョイントとしてとても大きな役割を担っており、経年でヘタっていく関節の中でも異常が発生しやすく、痛みを感じやすい部位と言えます。

病態としては、膝以外の原因からはじまり、太ももの骨とスネの骨が合わさっている膝関節の関節面が、摩擦によって出る熱の蓄積によって、経年で変形していくものです。

この変形の原因としては、ほとんどの場合は膝部分のみで起こるものではありません。なぜなら膝のみで歩行などの身体動作が行われることがないからです。
みなさん歩く動作で痛みを発する場合が多いと思いますが、歩く動作の際、体全体が動いて初めて”歩行動作”となります。特に背骨から下の骨盤、股関節、膝、足先までは常に連動して動くことで歩行を完成させていきます。その際、上手くすべてが連動していれば問題は起きにくいのですが、それができない場合、どこかに動きのひずみが生まれてその部分にエネルギーが溜まって熱を発生させて壊れていきます。その溜まり場になりやすい箇所が膝と考えてみてください。

スポーツで無理をしすぎて後々壊してしまうこともあります。ですが、あなたが日頃ほとんど歩行や運動動作をしない状態で過ごしてきていると、徐々に身体動作が正しくできなくなり、膝以外の部位がおかしくなっていき、膝での衝撃吸収もうまくできなくなっていきます。
それが習慣化されて動きの不整が戻らなくなると、最終的に年単位で膝に熱が蓄積されていくことによって不可逆性の破壊でいびつな形(変形)を生んでしまいます。そうなると、いくら運動をしても歩いても、うまく連動した動きを出来るようにしていかなければ、ひずみは無くならず悪化するしかありません。

水が溜まる膝

・膝自体が腫れぼったくなる感じで膝を伸ばしにくい、曲げられない。
・歩いていると違和感があって左右差をみると片方の膝だけ大きくなっている。

といった状態です。その後しばらくすると改善したように思いますが、うまく動かなくなってしまい、慢性的に起こる炎症によってたびたび引き起こされる場合があり「癖になった」という訴えをよく耳にします。

原因としては
・リウマチや痛風などの疾患や変形性膝関節症によって水が溜まる場合があります。
・スポーツやアクシデントなどの直接刺激によるケガや、その後壊れたままの膝や、長年の膝自体の組織損傷でうまく膝が動かなくなり、変形を生む過程で慢性的に炎症を起こして溜まる場合などもあります。
関節は、動くことによって常に摩擦を起こして熱にさらされています。そのため関節に液を分泌して満たしながら正常を保っていますが、膝関節内に炎症が起こった際に、消化するためかのように多く分泌されてしまったり、けがなどで炎症を起こしたことで発生する関節内部の変化で、うまく液を排出・循環させることができなくなってしまって溜まると考えられます。

 

 

当院での改善法

改善法

その時一時的に良いことをしていくのではなく、プログラムを組んで、以下の4項目を流れの中で行っていきます。

・まずはその方の膝になぜ膝痛が起こったかを分析・評価し、原因を明らかにしていきます。
・その要因を取り除く作業を必ず一緒に行っていく。
・膝自体への施術は必須ですが、それのみでは良くならないので、膝痛や変形に関係している他関節の不整を戻す施術を含めてをコツコツ続けていきます。
・特別な運動により正しい関節運動の動作を回復していきます。

変形してしまった形を手で真っすぐにしていくという怪しいものではなく、一緒に目標を立て、出来うる正しい機能と動作を取り戻し”10年たっても歩ける動ける膝”にしていくことを目指していきます。

 

 

お試しキャンペーン

 

10月27日までに
\ご予約の方に限り/
最大‣2回 1,980円(税込)
内訳 : 本気で体を良くしたい人へのカウンセリング、検査、検査施術)

※ 1回で終了となる場合も同じ価格です。
※ 以降は通常料金となります

予約多数のため先着名様のみ
→ あと2名

 

※ 当院では、コロナウィルス対策に
取り組んでおります。

当院でのコロナウィルス対策の取組み >

tel:072676508824時間受付・予約フォームMAP

 

 

 

 

お客様の喜びの声が
\ 信頼の証です!/

 

「ケガ後、変形して曲がらなくなっていた膝でしたが…」

Q・今回はどういったお悩みできていただいていましたか?
A・左脚がいたくてしんどくて。来ました。

Q・いつくらいから?
A・20代で前十字靭帯を切って。そこから運動することもなく、過ごしてました。痛いから、ムリしたら歩けなくなると思って動かさなかったら曲がらなくなっていきました。

Q・階段きつかったですよね。
A・はい。階段がかなり。上るのも下るのもきつくなって一段一段。反対側の足も痛くなってきました。

Q・これからも歩けるようにということで期間をとってプログラムを組んでいましたが、どうなっていきましたか?
A・先生にみてもらって毎週くると、良くなるのがわかるようになって、だんだん歩けるようになっていきました。階段はあがるほうはすたすた。下りるほうも、高い時は一段一段ですが、低い時はトントンと降りられます。ありがとうございます。

Q・曲がっていなかったのはどうですか?
A・だいぶ改善されました。ちゃんと正座はできませんが、スキマは空きますが、ある程度の正座の形にはなってきました。今までだったら絶対できなかったので。

Q・ここからまだいけますよ。頑張っていきましょう。
A・よろしくお願いします。

高槻市・Oさん

※効果には個人差があります

「諦めたらだめですね!嬉しいです!」

15年ものお尻の痛みと、膝の痛みで整形外科や整骨院へ通っていた70代の女性。首も痛みで回らない、お尻も痛い、最後には膝が曲がらなくなって当院へ。どうせ、曲がらない膝はこれまでと同じだろうなぁ…と思われていましたが…。
ご本人に了承を得て、プログラム最後の動きの確認をしている際の(整理するための施術の)様子も見ていただけます。↓

(高槻市・大塚さん)

※効果には個人差があります

 「膝の痛みで買い物の15分も歩けなかったんですが、今では」

何年も膝と腰の痛みによって、自分の足で買い物へも満足に往復できなくなっていた60代の女性。控えめながら、毎日黙々とプログラムをこなされることで徐々に変化が生まれていき…。
ご自身の頑張りの経過のインタビューでお聞きしています。

茨木市・Yさん

※効果には個人差があります

 

もちろん、有名アスリートや 専門家も多数絶賛!

 

 

他院とはどこが違う?

↓

高槻あつ整体院の
7つの特徴 

 

1.初回約30分のカウンセリング・検査で原因を徹底的に特定

カウンセリング

痛みの本当の原因を特定することが根本改善への近道です。時間をかけてしっかり検査します。

 

 

2.わかりやすいと評判。納得できるまで説明します

説明

痛みの原因がどこから来ているのか、わかりやすくご説明します。不安な所があれば何でもご相談下さい。

 

 

3.ボキボキしない、痛みのないソフトな整体

痛みなし

お子様からご年配の方まで安心して受けて頂ける、優しい整体です。

 

 

4.のべ9万人が感動!院長自らがオーダーメイドで施術

オーダーメイド

17年間で9万人を感動させた院長が、豊富な経験と高い技術を駆使して根本改善へと導きます。

 

 

5.再発予防もバッチリ!アフターケアも充実

アフターケア

施術効果UP&再発予防のための食事・栄養・姿勢・運動などをアドバイス。LINE@やお手紙でセルフケアの最新情報をお届けします。

 

 

6.お子様連れOK!完全予約制で待ち時間もなし

子連れ

小さなお子様連れでも安心してお越し頂けます。ご予約時にお申し付けください。

 

 

7.雑誌や書籍でも紹介される、大阪で有名な整体院です

書籍

人気女性誌「mina」や書籍などでも紹介される、大阪で指折りの整体院です。

 

 

お試しキャンペーン

 

10月27日までに
\ご予約の方に限り/
最大‣2回 1,980円(税込)
内訳 : 本気で体を良くしたい人へのカウンセリング、検査、検査施術)

※ 1回で終了となる場合も同じ価格です。
※ 以降は通常料金となります

予約多数のため先着名様のみ
→ あと2名

 

※ 当院では、コロナウィルス対策に
取り組んでおります。

当院でのコロナウィルス対策の取組み >

tel:072676508824時間受付・予約フォームMAP

「数年前に肩を骨折・腱断裂し、腰痛もでてきていたのですが…」

Q今回はどういう症状でこられましたか?
A・ひどい膝の痛みがあったのですが、こちらで改善してもらって、今は主に肩と腰の痛みです。以前から左肩をケガしたあとに上に挙げると痛みがあって、可動域もせまくなっていて、全体的に左肩が上に盛り上がっているような状態でした。それをきっかけにしてか、腰に痛みがずっとあって曲げ伸ばしがよくない状態でした。

Q.その状況でどういう対策をしてこられましたか?
A・ケガをしてから整形外科で検査をしたらヒビがはいっていて、腱を痛めて(部分断裂)してしまっていて。そのあとは安静にして、リハビリして自分でストレッチしていたんですが、なかなか痛みが取れない状態でした。そうしたら腰痛がでてきて。

Q.私のカウンセリングや施術はいかがでしたか?

正直びっくりするくらい変化がありました。肩も左肩が上がっていたのが元に戻ったし、可動域もだいぶ広がって。腰も痛みが気にならない程度にまでなりました。

Q.同じような症状の方にメッセージをいただけますか。

冗談ではなくて劇的な変化がみられたので、ぜひ見てもらっていかれた方がよいと思います。

(高槻市・Sさん)

もちろん、有名アスリートや 専門家も多数絶賛!

高槻市で根本改善したいなら「高槻あつ整体院」 PAGETOP