「高槻あつ整体院」つらい痛みを根本改善&再発予防

【自分で治す!シリーズONLINE】成長期の痛みを自分で治すには?

main-bnr-02

 

 

あなたはこんな人では
ありませんか?

  • 子どもがスポーツをしていて膝やスネ、カカトを痛がる
  • 病院へ行っても「成長痛ですね」と言われて、リハビリしているけど良くならない
  • 病院では安静にするように言われるが、復帰してしばらくするとまた痛がる…どうしたら?
  • サポーターをしてスポーツを続けているけど、ひどくなってきた
  • 整骨院へ行っても電気や機械をあてたりマッサージをしているだけ?…これ良くなっているの?
  • 指示されたストレッチをしていたけど、良くならないと感じてすぐにやめてしまった…
  • 少し休んでも、もう休めないからといってすぐにまたやりだした。結局変わらない

↓

そのお悩みお任せください!

 

 

成長期に起こる痛みとその原因

膝①成長期に運動をしていると、早い場合は10歳くらいから、運動後に

・膝が痛い(オスグッド、ジャンパー膝等)
・スネの痛み(シンスプリント、疲労骨折)
・かかとの痛み(シーバー病=骨端症)
・内くるぶし下の痛み(有痛性外脛骨等)

などの訴えをおこす選手が出てきます。ひどくなると、運動の最中に痛みを感じて、さらにひどくなると日常生活でも大きなストレスを感じる痛みを発するようになります。

筋肉の発達が進むことと、大人の骨に少しずつ近づいてくる成長が進むため、中学3年の中頃には落ち着いてくることが多くなりますが、ひどいまま放っておくと、その年齢をすぎても後遺症のように運動での痛みなどが残ってしまうこともあります。

これは、スポーツの瞬間瞬間で起こるような”蹴られる、ぶつかる、ひねる、伸ばしてしまう”といった外傷(ケガ)とは違ったものと捉えられます。

 

なぜ起こるのでしょうか?

上記の痛みが全て同じ原因なわけではありませんが、基本的には似通った状況で発生していきます。病院や整骨院で「運動のし過ぎで太ももの前の筋肉が硬く緊張しているから…」「使いすぎが原因」といわれた、という診断や見立て受けてこられます。

決してこれらが間違いということではありません。ですが”なぜその状態になったのか”という元々の根本的な原因は、今後の対策や再発防止を考えても必ずみていかなければいけません。

①競技動作のバイオメカニクス

1662157_s人によっていくつかの原因が考えられますが、まず目を向けるべき基本は競技特性です。その運動に特有な動きのバイオメカニクス(競技に必要な動きの原理)と、それを行う際の選手の動作を把握しなければなりません。

例えば、バスケでのジャンプと着地での屈み動作や、サッカーでのダッシュとストップ、キック動作といった競技特性のある動きです。その動作を行う際、選手がどのようにその動作を行っているかを分析することは、原因の特定にとても大切です。

 

②日常動作から作られる身体のアライメント

3912828_s次に動作の基本である”正しく歩けているか”や”正しく走れているか”、どこを使って走っているかと言い換えることもできますが、そうした部分が原因としてあるのかをみていくことが大切です。

少し専門的ですが、O脚や回内足、偏平足といった特徴や、運動をしている時と安静にしている時を含めて、身体のアライメント(体のパーツの位置関係)が正しい状態にあるのかどうかは大きなポイントです。正しく歩けて走れているか、また日常で座って静止している状態(座り方)がどうなのか、生活習慣動作から見直さないといけません。

これら最も長い時間で行う操作が良くない状態にあると、いくら太ももの筋肉を柔らかくしようとしても、練習を休んでも、マニュアル通りに骨盤矯正をしたりしても、どこかで再発してしまうことにもなるので、本当に治ったということにならないかもしれません。

 

③おかれた競技環境でのオーバーワーク

1080072_sその人が所属する運動(競技)の環境も原因になりえます。もちろんグランドや運動会場の質などハード面の環境もありますが、基本的には成長と発達に応じたトレーニングが行われていない場合がそうです。指導者のトレーニングが、選手の成長度合いや動きの習熟度合いへ配慮していないと発症の原因になりえます。
指導者自身がトレーニングを振り返ってフィードバックすることなく、機械的、教科書的に日々のトレーニングを行ってしまっていると、必ず子どもの身体がトレーニングに合わせることになって壊れだす選手を出すことになります。少し脱線してスポーツ論にもなってしまいますが、

・子どものコンディションを後回しにして、休まずにやり続けることが当たり前の雰囲気
・”楽しむ”と掲げながら、結局勝つ負ける以外を置いてけぼりにしている雰囲気
・指導者は休んでもいいというのに子供が自分から休まない、という子供のせいにする雰囲気
・時間がない、人が足りない、だから活動していたら誰か数人は痛んでも仕方ないといった雰囲気

といった競技環境の雰囲気も大きな影響を与えます。少年期のスポーツ現場の空気は良くも悪くも指導者が作っていくものです。それが原因でそのスポ―ツをやめてしまうことがあったら、指導者、親を含めて関わる大人の責任は重いといえます。

 

これまで良くならなかった理由

①電気治療、様々な医療機器での治療

4239976_s痛みの緩和効果をだすものはあるでしょうが、都合よく痛みだけを消し去る魔法のような類の医療機器は、まだほとんどないでしょう。元々、根本的なカラダや動きの不整がある状態なのに、痛みがあるところに機械をあてて解決を図ろうとしても結局は何も変わらないかもしれません。

②マッサージやハリ・お灸

4239977_s「病院でのリハビリや鍼灸整骨院で、いつもマッサージや鍼を受けるけど、その時はいいけど結局変わらない。」という訴えを頻繁に耳にします。これについては語弊がないようにしなければいけませんが、効果自体がないことはありません。

ですが、例えば単に太ももの前側をマッサージや電気をし続ける、単に骨盤矯正やハリ、お灸をしてもらっておけば治る、疲れて硬くなったカラダ全体をマッサージしておけばこれでOK!というわけにはいかず、そうした使い方が効果的な方法だとは言えません。

ハリやマッサージ的な施術が有効で必要になる場合がたくさんあるということは間違いありません。ですが、これも根本的なカラダや動作の不整を正していないうちに行ったところで、一時的な変化はあっても根本から正すには意味が薄い、と言えるかもしれません。

 

③バキバキする施術

921170_s体への強すぎる刺激は、成長過程で伸びしろある身体に対して最も注意しなけばならないものです。成長期のカラダは柔軟でしなやかな反面、間違った刺激に対して非常に悪い変化を生んでしまう場合があります。

未熟な第三者が”一撃でバキバキ”と、曲げ伸ばしできる範囲を超えた動きを関節に対して強制してしまうと、その時に痛みは無くても実は壊れてしまっていて、元の巧緻性(細かく精密な)を伴った動作や機能が戻らなくなってしまうことがあります。ですので、正しいものなのかどうかは慎重に判断しなければいけません。アスリート系の若い人たちの中には、様々な強くて刺激のある施術を受ける事に効果を感じる傾向があります。

目に見えない精彩な関節を人の手で力任せにコントロールしてしまえるかを考えなければいけません。そして、その時はよいかもしれませんが、後々壊れてしまっていることに後悔がないようにするべきでしょう。

 

④〇〇法と名前をつけた治療的なストレッチ

1265739_sストレッチ自体はスポーツでは必ずついてきますので、疲れやトレーニング前後には効果的です。ただ、こうした成長期の痛みの多くがストレッチだけで解決していけるかというと疑わしい場合がほとんどです。

見える部分で誰でも調整しやすいのが筋肉であることに間違いはないので、そこを何とかしようとしてストレッチをすることが良いのですが、整体や病院などでの治療としてストレッチをする際には、その前に筋肉がどういう状態にあるかを評価していなければ、伸ばすべきでない状態なのに無理やり治療として行い続けているかもしれません。

 

では、どうしていけばいいの?

imasia_5293091_M

①整骨や整体に頼る

整体施術で数回で治します、という謳い文句を聞くようになってきましたが、もしそれができた場合はひとまずOKにしてもよいかもしれません。これは、施術をして予防体操を指導することで、なんとなく原因となる問題を隠すくらいに痛みがなくなることがある例です。

なぜ施術だけでそんなことができる場合がでてくるのかというと、触れる程度だけでも、この年代の子供たちは神経系の発達過程で、柔軟な身体とともに動きの修正力・調整力を非常にうまく利かせられる若い年代だからです。簡単にいうと、施術できっかけを与えるだけで自分で身体の不整を修正してしまえるということです。

ただし、中学生以降で、動作や姿勢の悪習慣が強くなりすぎて悪い状態を長く放置してきた場合は、施術だけをしていても後に尾を引くこともあり、非常に難しくなります。

 

②病院でリハビリ、薬、外科手術

中には正しい復帰プランを元にトレーニングをいれていく病院もあります。ですが、多くはレントゲンをとって、シップ・投薬、リハビリで電気をあてて温めてストレッチや体操をするパターンです。これがダメというわけではありません。

ですが、やはり起こった現象からカラダを評価せず、画像で診るのみで、腫れているからシップ薬・リハビリ、手術をするしない、という判断をするだけだと根本的に再発を防ぐことは難しい場合が多くなります。

 

③自分で治していく!出ない体を作っていく!

あなた自身で自分のカラダを細かく評価して、それに対して施術をしていくというのは難しいですが、重症傾向になっていなければ、そして自分のために時間をとることができるのであれば、自分で少しずつ体に必要なトレーニングを行い、動作と姿勢の矯正をしながら正しい体の状態に治していくことが可能です!

 

 

ほんとに自分で治せるの?

imasia_2500192_M実際には、地面に接する足の部分、股関節、骨盤といった連動性をいかした動作改善を施術とともにしていくことが求められます。ただし、これは”施術”と”動作トレーニングの指導”という一人二役が必要になります。または、それらを分担して二手に分かれるにしても、施術者と現場指導者との連携をはかる必要があり、選手の環境によってはとてもハードルが高い問題となります。

 最も大切なのは、痛みや体の異常が起こってしまった原因を元から直さないといけないということです。そうなると、最初に変えていくべきは動作の改善です。例えばサッカーやバスケといった競技でも、競技の動きを変えていくのは指導者の仕事になるのですが、歩き方や走り方の基本、自分の体の使い方といった、自分でコントロールしていける部分はまず自分でやるべきです。そこから変えていくことが、最もセルフで取り組みやすい方法といえます。

それでも、どうしても「自分で治すトレーニングのようなことは面倒で出来ない」という場合は、整体を探してみるのも良いでしょう。ですが、この先を考えると、スポーツをする時に基本動作の改善を自分でできるようになることは、自分の競技力や向上心を飛躍的にアップさせるということにもつながるので、まずは飽きずに自分で治す方法にチャレンジしてみることをおススメします。

1331427_sここでは、様々な技術を得て臨床に生かしてきた現役整体師であり、実際に現場でスポーツ指導者として自分で治せるものは自分でやることをおススメしてきた私が、バランスを欠いたあなたの動きを正常にするべく、”実際にサッカーの現場で使っていた、成長期選手の動作改善の基礎の基礎”と題して、”自分で治す”ための入り口をご紹介していきます。

 

 

自分で治すための考え方

以上のことを踏まえた上で、ここでは基本の基本に絞ったメニューを紹介していきます。

行うにあたって次のことを忘れないようにしてください。

①珍しいメニューを求めるのではなく、基礎的なことを大切にする

②フォームを意識することが大切

③必ず時間を作って毎日少しずつコツコツとやること

④ちょっとやって結果がでないからといって辞めてしまうと勿体ない

カラダの動作癖というはなかなかすぐには戻りません。ですが、地道にトレーニングしていくことで、うまく体を使えるきっかけとなってくれます。
ここでは「今後自分で治していけるか試しにやってみよう…」「ここが出来たら、さらに自分でもっとメニューを増やして治していきたい…」という、入口として無理なく行える簡単な方法を、<準備ストレッチ・整理ストレッチ編>3つと<初歩編>3つを選んで紹介していますので、”自分で治す”手始めとしてみてください。ストレッチは準備と整理で使っていきましょう。

 

さらにその先の情報を知りたいあなたは… 

 

毎日短時間!
『成長期の痛みを自分で治す!

無料講座を受け取って
詳しく学んでください。

あなたがいつも使っているメールアドレスをこちらへ入力してボタンをクリックしてください。登録後すぐにメールでお送りしますので、送信後にメールボックスを確認してください。

メールアドレス※必須 携帯電話各社のキャリアメールで送信される場合、返信メールが届かない可能性がありますので、受信設定をご確認下さい。


■プライバシーポリシー

高槻あつ整体院(以下「弊院」)は、各種サービスのご提供にあたり、お客様の個人情報をお預かりします。

弊院は、個人情報に関する法令を遵守し、個人情報を適切な取り扱するよう日々努めております。

弊院は、個人情報を以下の利用目的の達成に必要な範囲内でのみ利用致します。以下に定めのない目的で個人情報を利用する場合、あらかじめご本人の同意を得た上でのみ行います。

1:商品の配信
2:電子メールまたは郵便によるレター等の発送
3:弊院商品または各種サービス提供の情報

弊院は、お客様からご提供いただいた個人情報を、お客様の同意がある場合、または法令等に基づき必要と判断された場合を除き、弊院サービスもしくは商品等を提供する際に、業務上関係のない第三者に開示または提供致しません。

弊院は、ご本人から自己の個人情報についての開示の請求がある場合、速やかに開示を致します。その際、ご本人であることが確認できない場合には、開示に応じません。

ご本人より提供された個人情報の内容に誤りがあり、ご本人から訂正・追加・削除の請求がある場合、調査を実行した上で速やかにこれらの請求に対応致します。その際、ご本人であることが確認できない場合には、これらの請求には応じません。

弊院は、柳川敦則を個人情報管理責任者とし、個人情報の適正な管理及び継続的な改善を致します。

制定日:令和3年1月5日

高槻あつ整体院
院長:柳川敦則

※ご登録されたメールアドレスは、弊社のデータベースに登録され、弊社プライバシーポリシーに則り管理いたします。

 

 

講師

柳川敦則(YANAGAWA・ATSUNORI)

・日本体育協会上級コーチ
・高槻あつ整体院院長 

0304_original

 

 

無料講座の一部をご紹介!

簡単なので、実際にやってみましょう

 

 “自分で治す!ON LINE” 
成長期の痛みを自分で治す
<初歩編>

 

NO1. 
太もも前、股関節ストレッチの
考え方と方法

いろいろな太もも前を伸ばす方法がありますが、スポーツの現場でも誤っていたり、無理があったりする伸ばし方をしていることも多く見受けられます。
動画の中で説明していますが、自分の知っているいつもの伸ばし方を確認しながらみてください。

 

◆ストレッチ補足MEMO:
・まずは大きく二つのことを意識して行ってください。
 1、太ももの筋肉が硬くなっていると痛みがでやすい
 2、股関節が硬くなると痛みが出る動作になりやすい
・回数や時間はおおよそで構いませんが、こまめに行うことです。目安は左右30秒を2セット程度。運動前後、特に運動後のゆっくりとする際には整理体操として欠かさないようにしましょう。

 

NO2. 
アキレス腱から太もも裏
ストレッチの考え方と方法

この部分もとても大事ですから、場所を選ばずに行えるこのストレッチは毎日やり続けてみてください。何秒何回という決めごとよりも、他と同じくこまめに行うようにしましょう。

◆ストレッチ補足MEMO:
・注意点をみながらおこなうようにしましょう。
・膝をのばしつつ体を前屈させるようにすると、太ももの裏の伸びを感じることができます。

 

NO3. 
猫背姿勢リセット

運動を指導していると、姿勢は本当に大切だといつも思い知らされます。普段の立ち座りすべての姿勢が整っていない選手の多くは、自然とケガも多くなります。運動動作には正しいフォームが必要なように、人が日常活動するにも当然正しい姿勢が必要になります。よく言われるように、座っていても立っていても猫背のような姿勢はよくありません。10呼吸1セットで、運動(トレーニング後)や座りの休憩時にに3セット程度行いましょう。

◆ストレッチ補足MEMO:

・できるだけカカトを閉じて爪先を開く。
・お尻をしっかりと締めておこないます。
・しっかり呼吸することでお腹も伸びて、背中の丸まりもムリなくリセットされた状態に戻すつもりで行います。

 

NO1. 
良い歩き方に向けて。
成長期の痛みを起こさ
ないための荷重練習(初歩編)

陸上部のウォームアップトレーニングのようなことをしていますが、実際に走るフォームとは違いますが、腕を振ってこの足の運びを練習することで脚の前側の筋肉の使い方を改善していく、太ももと股関節が硬くなっていくような動かし方を変えることへつなげていくことができます。音がしないように忍び足のようなイメージを持つといいでしょう。

◆補足MEMO:
・自分で思う”良い姿勢”をイメージして行いましょう。
・各種トレーニングの前の準備体操として行うと続けられます。
・50歩100歩からでも問題ありません。

 

NO2. 
お尻上げトレーニング(初歩編)

やり方を適当にしていると効果が半減しますので、フォームをしっかりと意識して行いましょう。
およその目安は20秒を3~5セット程度行ってみてください。

◆トレーニング補足MEMO:
・やり方が簡単なだけに、手を抜きがちになること多くなります。フォーム命です。


NO3. 
うつ伏せ脚上げトレーニング
(初歩編)

入門者用の”バック・レッグ・レイズ”という体幹トレーニングの一つです。膝が痛いという人でも行うことができるものです。簡単ですが、姿勢に注意して行うことが大切です。目安は左右20秒を3~5セット程度です。

◆トレーニング補足MEMO:

・背中が緊張しないように行いましょう。

以上が、準備ストレッチ~初歩編~整理ストレッチという流れの内容となります。実際にスポーツ現場の基礎トレーニングで行っていたもので、この初歩だけでも毎日組み込むことで疲労感が出てきた時期でも痛みを訴えなくなることが増えました。

 

良くある質問

 

Q.なぜ自分で良くするための基本を公開しているのですか?

A.私が普段施術を承っているような症状とは違って、自分で良くしていくことが可能なものでもあるからです。どこかの整体に頼ってみてもらうほうが早い、という方はそれも否定しません。ですが、自分でカラダを強くして、なにより正しく動けるカラダを自分の力で獲得していきたい!と考える場合は、自分で治す方法を習慣化させてやっていくと身体への意識も上がり、先を見据えると競技への意識やパフォーマンスを上げることにつながります。この初歩編のものでも、やってみてどうしても続けることが難しければ、整体などを利用されたらよいでしょう。

 

Q.休まずに治りますか?

A.重度でない状態であれば、これらの初歩メニューから始めて、プログラムかしたものを毎日コツコツ行っていくことだけでも、自分で嫌な症状が出ない体にしていくことは可能です。ですが、まずは<原因>のところで前述したような、なぜ発生するかといった”要因”は全て頭に入れて知って意識すべきです。そして体を変えるにはやはり技術習得と同じくある程度時間がかかります。
「そんなことはどうでもいいから、とりあえずまず痛みだけとってくれ。」という場合は、”休まずに治す!”と謳った自費整体を探しましょう。

 

Q.こちらの院では、施術をされていないのですか?

A.現在、捻挫や肉離れといったケガ(外傷)と同様にこうした成長期のお悩みへの施術は承っておりません。ですので、自分で治していく、または再発を予防していく方法へのきっかけについて、ここHP上にて初歩編を公開しております。

 

Q.しっかり自分でやっていきたいと思えたので、さらに自分で治す方法を知りたいのですが?

A.ページの中頃と一番下の方に、さらに自分で治すことを知りたい方に向けて、メールマガジンを配信していく形式で情報を差し上げております。素人の方からでもわかるように、考え方を丁寧に説明していますので、ぜひ登録して配信を楽しみにしていただければと思います。

 

さらにその先の情報を知りたいあなたは… 

 

毎日短時間!
『成長期の痛みを自分で治す!

無料講座を受け取って
詳しく学んでください。

あなたがいつも使っているメールアドレスをこちらへ入力してボタンをクリックしてください。登録後すぐにメールでお送りしますので、送信後にメールボックスを確認してください。

メールアドレス※必須 携帯電話各社のキャリアメールで送信される場合、返信メールが届かない可能性がありますので、受信設定をご確認下さい。


■プライバシーポリシー

高槻あつ整体院(以下「弊院」)は、各種サービスのご提供にあたり、お客様の個人情報をお預かりします。

弊院は、個人情報に関する法令を遵守し、個人情報を適切な取り扱するよう日々努めております。

弊院は、個人情報を以下の利用目的の達成に必要な範囲内でのみ利用致します。以下に定めのない目的で個人情報を利用する場合、あらかじめご本人の同意を得た上でのみ行います。

1:商品の配信
2:電子メールまたは郵便によるレター等の発送
3:弊院商品または各種サービス提供の情報

弊院は、お客様からご提供いただいた個人情報を、お客様の同意がある場合、または法令等に基づき必要と判断された場合を除き、弊院サービスもしくは商品等を提供する際に、業務上関係のない第三者に開示または提供致しません。

弊院は、ご本人から自己の個人情報についての開示の請求がある場合、速やかに開示を致します。その際、ご本人であることが確認できない場合には、開示に応じません。

ご本人より提供された個人情報の内容に誤りがあり、ご本人から訂正・追加・削除の請求がある場合、調査を実行した上で速やかにこれらの請求に対応致します。その際、ご本人であることが確認できない場合には、これらの請求には応じません。

弊院は、柳川敦則を個人情報管理責任者とし、個人情報の適正な管理及び継続的な改善を致します。

制定日:令和3年1月5日

高槻あつ整体院
院長:柳川敦則

※ご登録されたメールアドレスは、弊社のデータベースに登録され、弊社プライバシーポリシーに則り管理いたします。

講師

柳川敦則(YANAGAWA・ATSUNORI)

・日本体育協会上級コーチ
・高槻あつ整体院院長 

0304_original

 

 

高槻市で根本改善したいなら「高槻あつ整体院」 PAGETOP